大気汚染の美容面への影響

 

大気汚染は、地球規模の問題で、オゾン層破壊にもつながり、結果としての直射日光を浴びる、さらに紫外線を過度に浴びる有害性が指摘されてからもうかなりの歳月が流れましたね。
そうした日常暮らす環境下での、大気の汚れに基づく問題は、紫外線以外にも、最近では放射性物質のことまでは入ってきましたし、PM2.5対策なども盛んに報じられています。
そして、こうした問題の健康面への影響が先ず大きく問題化していますが、科学的で正確な解明はまだ続いている段階ですね。
そうした関係から、大気汚染と美容と言う観点からは因果関係が明らかになっているのは、日焼けがシミの原因になると言うことがまずは一番でしょう。
病院やドラッグストア等においてあります簡単なパンフレットにも書いてありますが、シミの原因は皮膚での色素の沈着がその原因と言われる場合が多く、そのまた元を辿ると、一つは加齢による肌の老化、それと、上記しました日光を直接浴びることですが、日光中の悪さをするものが過度の紫外線を浴びることになるわけです。
こうした日焼けも、比較的若い内には、シミにまでならずに済む場合もあるようですが、ある程度の年齢になると肌の自律的な回復力が減退して、日焼けの跡がいつまでも残ると言うか、色素沈着ともなり、シミを作るようです。
かくして、女性ならずとも、男性も、紫外線防止対策をされる方が多くなっているのではないでしょうか。